第6号
(平成14年4月号)

〜連結納税制度の巻〜

前のページへ


ラクラク 皆さん、こんにちわ。
あれ?チャネルちゃんマスクなんかしちゃって、
もしかして花粉症なの?

チャネ もう鼻水が止まらなくて、頭がクラクラするわ。
頭をすっきりさせる方法、何か無いかしら。

ラクラク それなら、ちょうど良い質問が届いているよ!

チャネル 何?

ラクラク 「連結納税制度とは何ですか」という質問です。

チャネル 親会社と子会社の申告納税をまとめて行うっていうあれね。

ラクラク そうそう、連結納税制度とは、一体経営がなされ実質的に一つの法人とみることができる企業グループについて、これを一つの納税単位として課税することなんだ。内国法人である親会社とその100%子会社が対象となるんだ。

チャネル 100%子会社は、必ず連結納税をしなくちゃいけないの?

ラクラク 連結納税制度を適用するかしないかは、法人の自由なんだ。また適用を受ける場合には国税庁長官の承認を受けなくちゃいけないんだ。

チャネル そうすると、今まで通り親会社と子会社が別々に申告納税しても良いわけね。

ラクラク その通り!でも連結納税制度を選択すると、連結グループ内の各法人の所得と欠損を通算することになり、その結果グループ全体として納付する税額を少なくする効果があるんだ。

チャネル ちょっと得した気分になるわね。
そしたら、グループ内に赤字と黒字の会社があるときだけ連結納税にして、それ以外は別々に申告納税してもいいのね。

ラクラク だめだめ!連結納税制度を、一旦選択したならば継続適用しなくちゃいけないし、適用の取りやめは事前に国税庁長官の承認を受けなければならないんだ。
それから連結所得金額や連結税額は、グループ全体を一体として計算されることになるため、連結グループ内の法人間の取引や寄付金・交際費等の法人税法上の限度額計算、各種控除等について、調整と配分を段階的に行うことにより算出されるんだ。

チャネル 何だかよけいに頭がクラクラしてきたわ。

ラクラク ‥‥‥‥‥。

(詳細については、各担当者へお尋ね下さい。)

第5号                                         第7号

前のページへ

【MMCラクラクチャンネル 第6号】   平成14年 4月号
 ラクラクくんのちょっと一言Q&A  『連結納税制度!の巻』 
 Quizコーナー  『これぞ伊勢崎市クイズ
 コラム  『取引先は大丈夫??