第7号
(平成14年10月号)

〜証券税制の巻〜

前のページへ


ラクラク 皆さん、こんにちわ。
あれ?チャネルちゃん頭を抱えちゃって、どうしたの?

チャネ ねえ、最近証券会社のCMがやけに多く感じるのだけど、そこで言っていることが、よく分からないの。

ラクラク そうそう、いろいろな証券会社が証券税制の改正に合わせたPRをしているね。
チャネル 証券税制って何?

ラクラク 個人投資家の株式投資に関する新しい税制のことさ。平成15年1月から始まるんだ。

チャネル 何がどう変わるの?

ラクラク これまで、上場株式を譲渡した際の税金の精算方法は申告分離課税と源泉分離課税の二つの方法があったんだ。これからは、申告分離課税のみに一本化され、譲渡益に対する税率は26%から20%に引き下げられるんだ。

チャネル これからは、基本的に自分で確定申告することになるのね。

ラクラク その通り。これまでの源泉分離課税は、売却代金の1.05%で税金を計算してきたんだけれど、申告分離課税では、譲渡益を確定させる為には、取得価額を把握する必要が出てくるんだ。

チャネル 取得価額が分からない場合はどうなるの?

ラクラク 取得価額が分からない場合の特別な取り扱いとして、新たにみなし取得費を選択する方法も出来たんだ。
 また、証券会社で特定口座を開設し、その口座で生じた利益について源泉徴収を選択する事で、申告不要の特例の適用が受けられる制度もあるんだけど、その為には年内に証券会社で特定口座開設の手続きを済ませておく必要があるんだよ。 (注)
  その他にも、一定の条件のもと非課税の特例など期間限定のものがあるので、注意が必要なんだよ。

チャネル ふーん、難しそうね。私も少し勉強しなくっちゃ。

(詳細については、各担当者へお尋ね下さい。)

第6号                                         第8号

前のページへ

【MMCラクラクチャンネル 第7号】   平成14年10月号
 ラクラクくんのちょっと一言Q&A  『証券税制!の巻』 
 Quizコーナー  『自動車諸税クイズ
 コラム  『携帯電話の加入料等について